「ハード・コア」フル動画を無料で視聴するには?ロボットと人間の友情とえげつなさと脆さ

博士

「ハード・コア」は、現在「U-NEXT」で配信中です。
今すぐ無料で動画を観たい方へ

「U-NEXT」のロゴ

「U-NEXT」は通常月額1,990円(税抜)ですが、今なら31日間の無料体験ができるんです!

※無料期間中の解約であれば、料金は発生しません

U-NEXTの特徴
見放題作品140000本、レンタル20000本
✔ 新規登録で600ポイント付与(1ポイント=1円)
✔ 映画はもちろん、ドラマ、書籍、雑誌、音楽も楽しめる
✔ 31日間の無料トライアル(お試し)期間中に解約すれば、料金は発生しません

博士

「U-NEXT」は入会と退会がとっても簡単!手続きは2~3分で完了します。

※配信情報は2020年1月の情報となります。最新情報は各動画配信サービス本体サイトにてご確認下さい。

「ハード・コア」のフル動画を無料で視聴する方法とは?

公式動画と違法動画の比較

インターネット上に公開されている動画は2種類あります。公式に公開されている動画と、違法にアップロードされている動画です。

「公式に公開されている動画って有料じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、安心してください。

Amazonが運営しているAmazon Prime Videoや、U-NEXTをはじめとする動画配信サービス(VOD)を上手に利用することで、無料で動画を楽しむことができます。

動画配信サービス(VOD)の仕組み多くの動画配信サービス(VOD)は無料トライアル(お試し)期間が定められています。

無料トライアル(お試し)期間中は、有料会員と同等のサービスを受けられるので高画質・高音質で動画を楽しむことができます。

お試しでサービスを利用して、気に入った場合はそのまま有料会員に移行しても良いですね。もし気に入らなかった場合は、無料トライアル(お試し)期間内に解約すれば料金は発生しません。

Check!
✔ 動画配信サービス(VOD)を利用すれば、公式動画がすぐに観られる
✔ 無料トライアル(お試し)期間内に解約すれば0円で利用できる

博士

それでは、「ハード・コア」を配信している動画配信サービス(VOD)を紹介していきます。

「ハード・コア」がフルで観られる動画配信サービス

「ハード・コア」の動画配信状況

「ハード・コア」が今すぐ観られるおすすめの動画配信サービスをまとめました!無料トライアル(お試し)期間内に解約すれば料金は発生しません。ぜひ無料トライアル期間を利用して動画を楽しんでください!

博士

「ハード・コア」が今すぐ無料で観られる動画配信サービスは、「U-NEXT」「TSUTAYA TV/DISCAS」です。
配信状況 無料視聴 無料お試し期間 入会特典 動画配信数 料金 特徴 ▼各公式サイトはこちらから
「U-NEXT」のロゴ レンタル 31日 600P付与 160,000本 月額1,990円(税抜) 最新作が充実
圧倒的な動画配信数
「TSUTAYA」のロゴ レンタル 30日 1100P付与 10,000本 月額2,417円(税抜) DVD(BD)、CDでも楽しめる
「Hulu」のロゴ 未配信 × 2週間 なし 60,000本 月額1,026円(税込) オリジナル作品が楽しめる
Amazonを利用した買い物が便利に
「Amazon Prime Video」のロゴ レンタル × 30日 なし 非公開 月額500円(税込)
年額4,900円(税込)
海外ドラマやアニメが豊富

動画の配信状況には以下の3パターンがあります。

・見放題
・レンタル
・未配信

見放題

動画配信サービスに登録すれば、追加の料金なしに動画を観ることができます。

レンタル

動画配信サービスに登録し、ポイントを消費して動画を観ることができます。

Check!
✔「U-NEXT」と「TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS」では、初回登録時にポイントが付与される
✔ 多くの作品は、初回登録時のポイントを利用してレンタル可能

未配信

見放題でもレンタルでも配信していない状況です。

「ハード・コア」が今すぐ観られる動画配信サービスの詳細

U-NEXT

「U-NEXT」のロゴ

作品数 160,000本(見放題作品140000本、レンタル20000本)
料金 月額1,990円(税抜)
無料期間 31日
特徴 ・最新作が充実
・最新作がレンタルできるポイントが毎月1200ポイント付与(初回登録時は600ポイント)
・圧倒的な動画配信数
U-NEXTの特徴
見放題作品140000本、レンタル20000本
✔ 新規登録で600ポイント付与(1ポイント=1円)
✔ 映画はもちろん、ドラマ、書籍、雑誌、音楽も楽しめる
✔ 31日間の無料トライアル(お試し)期間中に解約すれば、料金は発生しません

博士

圧倒的な作品数と、初回登録時のポイントが魅力です。解約も簡単なので、初めて動画配信サービスを利用する方に特におすすめです!▼に登録から解約までの流れを解説しています。
「U-NEXT」の入会方法
STEP.1
入会方法①
「U-NEXT」の入会方法①「まずは31日間無料体験」をクリック
STEP.2
入会方法②
「U-NEXT」の入会方法②個人情報を入力し、「次へ」
STEP.3
入会方法③
「U-NEXT」の入会方法③決済情報を入力し、「送信」

以上で登録は完了です。

黄色線に表記されている日付を越えると有料会員に移行します。
(※入力項目は一部省略しています。)

「U-NEXT」の退会方法
STEP.1
退会方法①
「U-NEXT」の退会方法①左上にある「設定・サポート」をクリック
STEP.2
退会方法②
「U-NEXT」の退会方法②「契約内容の確認・変更」をクリック
STEP.3
退会方法③
「U-NEXT」の退会方法⑥「解約はこちら」をクリック
STEP.4
退会方法④
「U-NEXT」の退会方法⑦✓を入れ、「解約する」

以上で解約は完了です。

登録後31日以内に解約すれば料金は発生しません。

ぜひ無料トライアル期間を利用して動画を楽しんでください。

TSUTAYA TV/DISCAS

「TSUTAYA」のロゴ

作品数 10,000本
料金 月額2,417円(税抜)
無料期間 30日
特徴 動画配信サービス(VOD)に加え、DVD(BD)、CDでも楽しめる
TSUTAYA TV/DISCASの特徴
✔ 新規登録で1100ポイント付与(1ポイント=1円)
✔ 動画配信作品だけでなく、旧作DVD(BD)、CDが借り放題
新作も8本までレンタル(宅配)できます(他の動画配信サービスは、新作はほとんど有料)
✔ 見放題作品(動画配信)が10000タイトル以上(アダルト作品が充実)
✔ 30日間の無料トライアル(お試し)期間中に解約すれば、料金は発生しません

博士

他の動画配信サービスと比べて動画配信数は少ないですが、ポイントを使わずに新作をレンタル(宅配)できるので新作をたくさん観たい方におすすめです!▼に登録から解約までの流れを解説しています。
「TSUTAYA TV/DISCAS」の入会方法
STEP.1
入会方法①
「TSUTAYA TV/DISCAS」の入会方法①「まずは30日間無料お試し!」をクリック
STEP.2
入会方法②
「TSUTAYA TV/DISCAS」の入会方法②「まずは30日間無料お試し!」をクリック
STEP.3
入会方法③
「TSUTAYA TV/DISCAS」の入会方法③個人情報と決済情報を入力し、「確認画面へ進む」
STEP.4
入会方法④
「TSUTAYA TV/DISCAS」の入会方法④入力内容を確認し、「この内容で申し込む」
以上で登録は完了です。
(※入力項目は一部省略しています。)
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法
STEP.1
退会方法①
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法①「マイメニュー」をクリック
STEP.2
退会方法②
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法⑥「登録情報の確認」
STEP.3
退会方法③
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法⑦入会時に設定したパスワードを入力し、ログイン
STEP.4
退会方法④
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法⑧「サービス解除申請」をクリック
STEP.5
退会方法⑤
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法⑨✓を入れ、「次へ」
(黄色枠内の時間帯でのみ解約できます)
STEP.6
退会方法⑥
「TSUTAYA TV/DISCAS」の退会方法⑩「申請を完了する」
以上で解約は完了です。

登録後30日以内に解約すれば料金は発生しません。

ぜひ無料トライアル期間を利用して動画を楽しんでください。

Hulu

「Hulu」のロゴ

作品数 60,000本
料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間
強み ・海外ドラマやアニメが豊富
・有料動画がない
Huluの特徴
海外ドラマがいち早く視聴できる
アニメ作品が充実している
月額利用料金が安い
✔ 2週間の無料トライアル(お試し)期間中に解約すれば、料金は発生しません

博士

月額料金を抑えつつ、映画だけでなく、ドラマやアニメも楽しみたいという方におすすめです!▼に登録から解約までの流れを解説しています。
「Hulu」の入会方法
STEP.1
入会方法①
「Hulu」の入会方法①「今すぐ無料でおためし」をクリック
STEP.2
入会方法②
「Hulu」の入会方法②個人情報と決済情報を入力し、「入会する」

以上で登録は完了です。

「Hulu」の退会方法
STEP.1
退会方法①
「Hulu」の退会方法①
「アカウント」をクリック
STEP.2
退会方法②
「Hulu」の退会方法④「契約を解除する」をクリック
STEP.3
退会方法③
「Hulu」の退会方法⑤「契約の解除を続ける」をクリック
STEP.4
退会方法④
「Hulu」の退会方法⑥「契約を解除する」をクリック

以上で解約は完了です。

登録後2週間以内に解約すれば料金は発生しません。

ぜひ無料トライアル期間を利用して動画を楽しんでください。

Amazon Prime Video

「Amazon Prime Video」のロゴ

作品数 非公開
料金 月額500円(税込)
年額4,900円(税込)
無料期間 30日
特徴 ・オリジナル作品が楽しめる
・Amazonを利用した通販が便利に
・月額料金が割安
Amazon Prime Videoの特徴
✔ Amazonを利用した通販の、お急ぎ便、お届け日指定、送料が無料
Amazon Prime Video限定の作品を楽しめる
✔ 映画はもちろん、ドラマ、書籍、雑誌、音楽も楽しめる
✔ 30日間の無料トライアル(お試し)期間中に解約すれば、料金は発生しません

博士

Amazon Prime Videoは、月額料金が安く、Amazonを頻繁に利用する人には特におすすめです。▼に登録から解約までの流れを解説しています。
「Amazon Prime Video」の入会方法
STEP.1
入会方法①
「Amazon Prime Video」の入会方法①「Prime Videoこちら」をクリック
STEP.2
入会方法②
「Amazon Prime Video」の入会方法②「今すぐ30日間無料体験」をクリック
STEP.3
入会方法③
「Amazon Prime Video」の入会方法③「30日間無料トライアル」をクリック
STEP.4
入会方法④
「Amazon Prime Video」の入会方法④すでにアマゾンのアカウントをお持ちの方は「次へ進む」、アカウントをお持ちでない方は「Amazonアカウントを作成」へ。
STEP.5
入会方法⑤
「Amazon Prime Video」の入会方法⑤個人情報を入力し、「Amazonアカウントを作成」
STEP.4
入会方法⑥
「Amazon Prime Video」の入会方法⑥5.で登録したメールアドレス宛にメールが送られてきます。
STEP.5
入会方法⑦
「Amazon Prime Video」の入会方法⑦メールに記載されたコードを入力し、「アカウントの作成」
STEP.4
入会方法⑧
「Amazon Prime Video」の入会方法⑧決済情報を入力し、「クレジットカードを追加」をクリック(キャリア決済、Amazonギフト券でもお支払いできます。)
STEP.5
入会方法⑨
「Amazon Prime Video」の入会方法⑨入力内容を確認し、「30日間の無料体験を試す」

以上で登録は完了です。

「Amazon Prime Video」の退会方法
STEP.1
退会方法①
「Amazon Prime Video」の退会方法①「アカウント&リスト」をクリック
STEP.2
退会方法②
「Amazon Prime Video」の退会方法②「プライム」をクリック
STEP.3
退会方法③
「Amazon Prime Video」の退会方法③「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリック
STEP.4
退会方法④
「Amazon Prime Video」の退会方法④「特典と会員資格を終了」をクリック
STEP.5
退会方法⑤
「Amazon Prime Video」の退会方法⑤「会員資格を終了する」をクリック

以上で解約は完了です。

登録後30日以内に解約すれば料金は発生しません。

ぜひ無料トライアル期間を利用して動画を楽しんでください。

「ハード・コア」の作品情報

キャスト・スタッフ

公開 2018年
上映時間 124分
監督 山下敦弘
原作 狩撫麻礼
いましろたかし
脚本 向井康介
キャスト 山田孝之
佐藤健
荒川良々
石橋けい
首くくり栲象
康すおん
松たか子
配給 KADOKAWA

作品概要

シュールにもほどがあるだろう!と叫んでしまう人、失笑してしまう人、呆れかえる人。この映画を観て、正直どうすれば良いのか誰かに問いたい。「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」というコミック界の珍作が原作。作者はいましろたかしさん。この奇妙な物語を映画化したのは、「天然コケッコー」や「苦役列車」を撮った山下敦弘監督。人の心の脆さを描くのに定評のある映画監督だ。また個性ある役者にさらなる個性を与える監督でもある。

「ハード・コア」のあらすじ

権藤右近、左近兄弟は東京で全く違う生き方をしている。右近は政治的な主張を行う団体に所属し、その組織が取り仕切る埋蔵金の発掘を手伝って月7万円の給料を得て生活する。ゴミだらけの右近のアパートに母親に頼まれたと言って様子を見に来る弟である左近は、右近とは真逆のエリート。一流商社に勤めて、身なりもスマートそのもの。右近の唯一の友達は、元薬品工場の廃墟に住む牛山だけ。ある日の深夜、右近のアパートを血相を訪ねて来た牛山だが、その理由が牛山の住む廃墟にいるロボットが死んでしまったと言う。廃墟に駆けつけた右近はロボットの蘇生に成功し、ロボオこと生き返ったロボットと右近、牛山の不思議な生活が始まることになる。埋蔵金の発掘作業、スナック遊びまで3人はクレイジーながらも幸せな時間を過ごす。ロボオの存在に気がついた右近の弟左近はロボオがものすごい可能性を秘めた発明品であることに気がつき、一儲けすることが頭をよぎるも右近に止められる。しかしその後、左近は右近と牛山に1つの可能性を伝える。それは、精巧にできた驚異的な能力を持つロボオならば埋蔵金の眠っている場所くらい、簡単に見つけられるのではないかということだった。3人はロボオを連れて埋蔵金発掘のために右近たちがずっと穴を掘っていた群馬の山奥に出向くのだ。果たして、埋蔵金は見つかるのか?腐りきった右近の生活や左近の心が閉じた社会生活に風穴を開けることはできるのか?

「ハード・コア」の見どころ

この映画、ロボットが出てきてロボットと人間が友情を築く、いわゆるファンタジーの要素もあるのだが、それなのにどこまでも人間のえげつなさや脆さを映し出しているのだ。しかも相当な泥臭さの中で描こうとしているから面白い。駄目な兄貴の尻拭いに奔走する弟が兄に向かって叱責する言葉には納得できるし、埋蔵金発掘現場の同僚から牛山に浴びせられる暴言に右近がキレるシーンはそこまでキレるか?というほどの愚行に見える。正義感とは高貴なものではなく、泥臭さの中にこそ価値を見いだせると世の中を皮肉っているかのようだ。この皮肉がこの映画の魅力なのだ。その皮肉を体現するのに、適任なのが主人公である権藤右近を演じる山田孝之だ。どれだけの個性にどれほどの個性を重ねるとこんな役者になるのかと思うほど強烈に右近を演じている。「世界の中心で、愛をさけぶ」での山田孝之が好きだと言うファンがいたら、この「ハード・コア」を観るべきだろう。本物の山田孝之がここにいる。「ハード・コア」を観たあとに「クローズZERO」を観たならば、物足りなささえ感じるかもしれない。物語のシュールさに気を取られている暇もなく、山田孝之の凄さに気が付く作品だ。黙る、そしてキレる右近の体中に溢れる優しい血をここまでの泥臭さで演じる山田孝之を味わえるなんて、贅沢な作品だ。そしてこの山田孝之の弟を演じたのが佐藤健だ。社会に馴染めない兄の尻拭いに追われ、兄に苦言を呈しながらも、エリートサラリーマンとしての生活に辟易とする闇を抱えた青年を好演している。大きな瞳と端正な容姿に隠れたその欲望は、右近が描く非現実との対比として俗物の象徴として描かれている。そこがこの映画の核となる見どころなのだ。しかしながら、佐藤健が演じた弟の左近も、右近と血を分けた兄弟。また優しい血が垣間見れる。その優しさこそが性格も行き方も違う二人を結びつける要素となっている。そして、この映画を語る上で重要なのが牛山とロボオだ。精神に病を抱え一般社会に馴染めずにいる牛山は言葉もうまく発することができないのだが、そのことが映画の中で大きな問題になっていないところがこの映画の面白しろさだ。牛山の望みを叶えようと奔走する右近自身が、牛山の様々な欠陥を欠陥と感じていないからだ。そしてロボオだ。ロボットだからロボットを演じる役者はこの映画にはいない。でも共に過ごす右近と牛山を支える姿は、あくまで人間らしい。牛山とロボオの純粋な関わりはこの映画の基盤となる優しさを表現する上で重要な見どころの1つになっている。

「ハード・コア」の感想・評価

鑑賞し終わったときに、やばい映画ができたものだと感心した。この映画を表現するのに当てはまる言葉を探すのが大変だった。無理に探す必要もないのだが、気持ちの整理をつけるために言葉を探した。結局、きちんと向き合う同士には裏切りはないし、向き合える人間は優しいのだ。そしてどんな優しい人間にも欲求があり、その欲求を満たすために危ない橋も渡る。それは私達が生きる世間の常であるのだから映画の中で表現されているある種の変態っぷりも欲望を描くのに必要な描写だと感じる。そして、正義感に相応しい形容詞が美しさではなく虚しさであることを私達に突きつける。グサグサ胸をえぐられた感じだった。きれいな戯言のような正義感は一切あげないよって、きれい事にまみれた生活を送る人をあざ笑っているようだ。そして、私はこの映画を1つのアニメ映画と重ね合わせるに至ってしまった。日本アニメ映画の代名詞とも言える「となりのトトロ」だ。しっかり者の姉さつきとやんちゃ盛りの妹メイが森の中で生きるトトロに出会うファンタジーアニメの代表作だ。上下逆転してるが、しっかり者の左近とバーで出禁になるほど愚兄の右近はさつきとメイ。牛山とロボオがトトロとネコバスだだ。トトロと森の中で出会うメイとは、牛山とロボオに東京の片隅で出会う右近だ。トトロをメイと共に受け入れその生活を楽しむさつきは、「変わった友達がいて羨ましいな」と皮肉たっぷりに言ってもなお、牛山とロボ男の住む廃墟に違和感なく通う左近とかぶる。左近と喧嘩別れした右近が家族に半ば見捨てられている牛山に「家族なんていらねぇ、俺たちは空だって飛べるんだ」という。それはまさにネコバスに乗ったトトロとメイだ。そして、自然の脅威や母親が入院中が今作でいう世間の生きにくさなのだ。映画の最後、左近が静まりかえった廃墟で3人を呼ぶシーンがある。そこで左近は「牛山さーん、ロボ男さーん」と、さん付けにする。この映画の目的というか目標が見えた瞬間が最後にあったのだ。

「ハード・コア」の世間の評判(ネタバレ含)は?

博士

「ハード・コア」のTwitterでの評判をまとめました。

まとめ:「ハード・コア」の動画を無料で観よう!


「となりのトトロ」に例えるなんてクレイジーだと言われるかもしれない。しかし、そのクレイジーさがこの映画なのだ。この映画をまだ観ていない人がいるならば、どんな構えで観てもらいたいか。その答えは、どの角度から観てもきっと気持ちの整理をつけるのに時間がかかるだろうことだけは確かだ。そして、気持ちの整理に時間がかからなかった人はこの映画に蓋をしてしまったということに違いない。ありがたいことに私は、この作品に蓋をすることなく鑑賞することに成功した一人だ。自己投影できる登場人物はいなかったし、感情移入もしていないと思う。それでもこの映画の残す余韻は、私の心の隙間を確実に通り抜けていった。

「U-NEXT」のロゴ

登録も解約も簡単!

\31日間無料/